S10さかさダブルメモ (積み滅び)

逆さダブルで使ったポケモンを雑に書きます。

f:id:TURI-4:20180606215805p:plain

 1700序盤まで、アブリボンジャラランガの追い風パーティを使っていましたが、レートが中々伸びなかったので、もう一度パーティを考えなおしました。

 

 個人的に逆さダブルではノーマルタイプの技の通りが良く、通常のダブルバトルと比べてサイクル戦をするよりもエースポケモンの能力上昇技によって積んで相手の頭数を減らしていく動きの方が強いと思いました。また、ルール上無効タイプが存在しないため、呼び水、浮遊、もらいび、ひらいしん、ぼうおんといったタイプ無効特性や特定も技を無効にする特性を持つポケモンが強いと思いました。

 これらの考えからまず、グロウパンチねこだましが使えるメガガルーラ、Z技により全能力が上昇するジャラランガをエースポケモンとしました。残りの4匹はこの2匹を活かせる並びを考え、高耐久でS操作、サイドチェンジを覚えるポリゴン2、高い素早さから高火力の電気技を打て、汎用性のあるカプ・コケコ、終盤の詰めや序盤の雑な削り、相手のガルーラのねこだましやふいうちからジャラランガをまもるためスカーフカプ・テテフ、ptに電気技が一貫していること、積みポケモンへのごまかしとして通常ガラガラを採用しました。

 

 メガガルーラ

f:id:TURI-4:20180625093823p:plain
性格:いじっぱり
調整:203(180)-194(252)-121(4)-x-125(36)-125(36)
特性:きもったま→おやこあい
持ち物:ガルーラナイト
技構成:ねこだまし すてみタックル ふいうち グロウパンチ

 

 全国ダブルので使っていた個体。

せいしんりょくのガルーラがORASにいなかったため、きもったまの個体を使用しました。

 確実にグロウパンチで積めそうな場合は積みますが雑にすてみタックルを打ったほうがいい場面も多いのでその時は躊躇せずにすてみタックルを打ちました。また、ポリゴン2が隣にいた場合はサイドチェンジを多用しながらグロウパンチを打ったりしました。

(ちなみにさかさダブルなので相手の両まもるを読んでポリゴン2グロウパンチをする動きもできますが、ポリゴン2がサイドチェンジを打っていた場合成立しないので気を付けましょう)

 

ジャラランガ

f:id:TURI-4:20180625094150p:plain

性格:ひかえめ
調整:151(4)-x-145(0)-167(252)-125-137(252)
特性:ぼうおん
持ち物:ジャラランガZ
技構成:まもる みがわり スケイルノイズ かえんほうしゃ

 

 技構成はこれで完結していると思います。

臆病ではなくひかえめにした理由はジャラランガの横にねこだまし、ふいうちを持つガルーラやサイドチェンジが使えるポリゴン2を置いていることが多いため、素早さが遅くてもジャラランガを上手く活かすことができると考えたからです。

 

カプ・コケコ

f:id:TURI-4:20180625094248p:plain

性格:おくびょう
調整:145(0)-x-105-147(252)-96(4)-200(252)
特性:エレキメーカー
持ち物:きあいのたすき
技構成:まもる しぜんのちから フリーフォール エレキフィールド(ちょうはつ)

 

 持ち物は2回くらいは動かしたいためタスキ。

しぜんのちからは相手のガルーラのふいうち対策で採用しました。

適宜フリーフォールと組み合わせて横のガルーラやジャラランガの積む動きをサポートしました。

エレキフィールドは相手にカプ・レヒレがいた場合、レヒレ引きに合わせて強引にジャラランガZを通す目的で採用しました。パーティにテテフを入れてからはちょうはつに変更しました。

 

カプ・テテフ

性格:ひかえめ

調整:すいませんわすれました。

特性:サイコメーカー

持ち物:こだわりスカーフ

技:スキルスワップ しぜんのちから マジカルシャイン エナジーボール

 

 相手の何か+ジャラランガの並びに対してこちらのテテフのスキルスワップで相手のジャラランガのぼうおんを奪いながらこちらのジャラランガのZ技を通す動きを想定して採用しました。

エナジーボールジャローダウルガモスカプ・ブルルを見るために採用しました。

 個人的にこのポケモンの枠はもっと検討すべきだと思います。候補としては、カプ・ブルルガオガエンやチョッキランドロスジャラランガの裏選出として水Zオニシズクモなどが考えられました。

 

ポリゴン2

f:id:TURI-4:20180625094518p:plain

性格:おだやか
調整:191(244)-x-128(140)-125(0)-143(116)-81(4)
特性:トレース
持ち物:しんかのきせき
技構成:イカサマ じこさいせい サイドチェンジ トリックルーム

 

 B耐久A補正A+2メガガルーラすてみタックル乱数1発(6.3 %)D11n。

イカサマは相手のジャラランガに対する打点。

基本サポート役なので攻撃技はイカサマだけで十分でした。

特性はワンチャンス相手のジャラランガのぼうおんをトレースすることで試合展開をかなり優位に進めることができる目的があり、実際の使用感も良かったです。(トライアタックを採用するならDLでも良いかもしれません)

 

通常ガラガラ

f:id:TURI-4:20180625094618p:plain

性格:ゆうかん
調整:167(252)-128(132)-130(0)-x-116(124)-45(0)
特性:ひらいしん
持ち物:ふといほね
技構成:みきり ほろびのうた 骨ブーメラン かみなりパンチ

 電気の一貫を切る役割とほろびのうたによるジャラランガ以外の積みポケモンカビゴン、ガルーラ)やラッキー、ポリゴン2への役割。

Aはエレキフィールド下かみなりパンチでH4ジャラランガ93.8%確1。残りD

主にトリル下や終盤の詰めで使用しました。ほろびのうたは思っていた以上に刺さり、ポリゴン2のサイドチェンジやじこさいせいと組み合わせるとかなり強力でした。

使用感は良く、この技で拾った試合がいくつもあり採用して正解でした。

ガルーラやジャラランガで暴れて数的優位から滅んで勝つ勝ちパターンが多くありました。

かみなりパンチは岩雪崩や地震などの全体技に変更しても良いと思いました。

 

 

基本選出

先発 ジャラランガポリゴン2

後発 ガルーラ ガラガラ

 

コケコが刺さっているとき(積みポケモンが少なそう)

先発 コケコ+ガルーラorジャラランガ

後発 ポリゴン2 

 

テテフが刺さっているとき

先発 テテフ+ガルーラorジャラランガ

後発 ポリゴン2

 

前のめりでいいとき(先制技無効特性が相手にいないときとか)

先発 ガルーラ+ジャラランガ

後発 コケコ ポリゴン2orガラガラ

 

 

おわりです。