S7  全国ダブル WCSレート INC2018 1月など

1月ぶりです。

 

S7のダブルとかWCSとかINCで使った構築を紹介します。

TN 4『つり』で潜ってました。

 

【作成経緯】

S7レートの序盤はライボルトコントロールとかの積むパーティを使っていたのですが、相手からの攻撃の被弾数が増えるため、追加効果や急所等を引いてしまうことが多くレート向きではない気がしたので、対面で殴る構築を使ってみようと思い、とりあえず自分がS3で使っていたコケコポリ2をベースにPTを作成してみました。

 

【構築紹介】

f:id:TURI-4:20180129234059p:plain

技の配置が汚いのはおいておいて、ナットレイツンデツンデギルガルドに変えて使っていましたが、電気技と水技を半減できることからナットレイを採用するようにしました(WCSレート1800くらいから)。

 

【単体紹介】

リザードン

努力値:H252 B140 C84 D12 S20   

実数値(メガ時):185-x-116-209-137-123   
性格:控え目  

 

 基本雨パとリザyが刺さってない時しか選出はしない。ランドロスの岩雪崩耐え、相手にバンギラスがいるときは選出する理由がないのでSは遅め。命中安定と居座り性能を高めるためにオーバーヒートではなくかえんほうしゃを採用した。

選出した試合ではNo1の活躍をしてくれたのでとても頼もしかった。

 

ランドロス

努力値:H244 A116 B4 D4 S140

実数値:195-198-111-x-101-129

性格:いじっぱり

 

 耐久型のランドロスを使ったことがなかったので配分は宇治松千夜さんがS5の全国ダブルで使用していた形を使わせていただきました。スカーフと違って技を打ち分けられ、なおかつ高い耐久力がありとても強いポケモンでした。ほぼすべての相手に選出してた気がしました。

 がんせきふうじは命中重視で採用しました。使用感は良かったです。ただ、構築の原案がおいかぜ展開パーティであり、私のパーティがトリパだったので、Sをもう少し落として耐久に振ったり、ばかぢからの代わりに叩き落とすを入れたりする案も浮かんできたので次回試したいと思いました。

 

カプ・コケコ 
努力値:CSぶっぱ残りD

実数値:145-x-105-147-96-200
性格:おくびょう

 特になし。Z技、ボルトチェンジが強かった。

 

カプ・レヒレ 
努力値:HCベース 
技:熱湯、トリック、ムーンフォース、 
性格:冷静(S0)  
 レートに存在するヒードランのほとんどが控え目型だったので、トリックルーム下ではヒードランより速く動けた。H252ヒードランに熱湯は乱数30%確1。

 トリックはラッキー、やどりぎテッカグヤに必要に応じて打つ。個人的にポリゴン2へのトリックは相手のC火力を上げるの打つべきではないと考える。また、ガチトリパ相手へのトリル役へのトリックはトリル役の持ち物がZストーンの場合があるため使用は控える。ただし、トリル役がクレセリアの場合は打っても良いと思う。打つべきところを見極める必要があるため技のため100 %きまる場面でしか打たない。

 

ポリゴン2 
努力値:H244 C252 残りD 

実数値:191-x-110-172-116-58
性格:冷静(S0) 

 殴れて氷技が使えるトリル役は無難に強い。S0にしたことでトリル下で相手のS0カプ・ブルルに上を取らせなかったり、非トリルしたでひかえめギルガルドより遅いのでブレードフォルムになったギルガルド10まんボルトを打つ目的もあった。

パーティの軸なので時には大切に扱う。

 

ナットレイ

努力値:H252 A252 D4  

実数値:181-160-151-x-137-22

性格:ゆうかん(S0)
 ハチマキを巻いてジャイロボールしているだけで強い印象。雨パに強い、なだれ、電気技、鋼技、水技に強く受けだししやすかった。 

 

【結果】

WCSレート 1946 勝ち負け 100-60くらい(対戦数はこのパーティでは30か40戦くらい)

全国ダブルレート(サブロム) 1832くらい 勝ち負け 30-5

INC 1788 勝ち負け30-7

 

 

【まとめ】

レートはそれなりに過疎でしたが結果としては良かったので満足していますし、素直にうれしい気持ちもあります。

なかなか強いパーティだと思いましたが、INCに潜っている途中でヒードラン入りのリザデマル構築に勝てないことに気が付きました。

また、INCに関して言えば、自分より格上であり対面的に不利な場面でどう行動していいかわからない場面があり、一戦を終えるごとに気持ちを切り替えるのが難しかったというのが一番の感想です。

はじめてWCSの予選に参加してみましたが、普段の対戦よりも緊張やプレッシャーがすごく勝つことの難しさを改めて感じました。

 まだ対戦数がありましたが自分が潜っている時に格上のレートと1,2回しか当たらなかったこと、対戦していく中で自分のプレイングが分からなくなったこと、ボーダーがよくわかんなかったことなどから切り上げました。

 

 今後は、対戦する前にどんな感じで動くかをしっかり考えたり、普段の一つ一つの対戦の中で自分の動きに明確な理由を持たせる習慣を付けたりすると、違った視点で対戦できるようになり、より対戦することが楽しくなるんじゃないかなと思いました。

(そうすることで、緊張した場面でのプレイングや気持ちの面での成長につながればいいなぁ)

 

 

おしり。