S3全国ダブルまとめ(最終レート2010、2030)

 

 

目次

  1.  導入
  2. 構築紹介
  3. 単体考察
  4. 結果
  5. まとめ
1、2は前置きですので、飛ばしてもらっても大丈夫です

 

1.導入

Ⅰ)挨拶

 はじめまして、TURI-4と申します。 自分の考え方の整理という意味も含みまして、S3で主に使用した構築を紹介したいと思います。 

Ⅱ)構築作成経緯 

 S2中盤でクレセリアヒードランモロバレル、霊獣ランドロスメガガルーラカプ・レヒレetc(CHALK+@)を軸とした構築が流行し1800以上のレート帯において、非常に多くマッチングする機会がありました。

個人的に考えるCHALK+@の強みは相手のPTに合わせて柔軟にポケモンの選出ができるZ技によりクレセリアランドロスの持ち物を選出時で判別できないことだと思っていました。ところが実際にQRコードで使ってみると、持ち物がばれているディスアドバンテージを感じさせないほど強く、粗がなく完成されたPTだと感じました。 

また、当時3月下旬から4月にバトルオブクインテット(BOQ)のダブル枠に参加させていただいていたこともあり、結果を求めるため、今後レートを上げるためにもCHALK+@の対策を擁する構築が必要だと考えました。 

 

2.構築紹介

f:id:TURI-4:20170514101148p:plain

 まず、トリックルームを使え高火力、高耐久を兼ね備えランドロスに強いポリゴン2を採用し、エレキフィールド下で高火力を持つカプ・コケコを採用しました。次いで天候パーティ対策にメガリザードンYギガイアスを採用、ヒードランに強く高耐久を持ち、初手でのフィールドの張替えが容易なカプ・レヒレを採用しました。また、トリックルーム下で高速、高火力、高耐久を持ちクレセリアメガガルーラ、カプ系に強いナットレイを採用しました。(BOQではナットレイハリテヤマ

 

このPTを作成した際の狙いは相手の選出を絞り、自分は相手の裏をかいた調整のポケモンを選出することです。

 

例えば・・・下のような場合 

f:id:TURI-4:20170514131644p:plain

 相手にとってリザードンに上から打点が持てるランドロス、PT単位でナットレイが重いのでヒードランが選出したくなると考えられました。 また、ランドロス地震の通りをよくすること、ゴースト、悪タイプのポケモンが自分の構築にいないことからクレセリア選出されると考えられました。さらに、自分の構築に威嚇持ちとカプ・テテフがいないことからガルーラも選出しやすいと考えられました。

 

 次に、相手の初手の並びを考えました。

 

 自分の構築に威嚇もちがいないこと、自分のポリゴン2トリックルームを使うことからランドロスガルーラorクレセリアが初手に並ぶのではないかと考えました。  

 この考えから、自分は相手の初手の並びに強く出れるようにカプ・コケコとまもるを持ったポリゴン2を初手に並べ、後ろにカプ・レヒレナットレイを配置しました。

 

 次に自分の構築の単体考察を示しました。

 

 3.単体考察

 

f:id:TURI-4:20170514114213p:plainギガイアス 

努力値:H252 A252 D4  

持ち物:イトケの実、(その他回復木の実)

技:岩雪崩、ヘビーボンバー、ワイドガード地震   

性格:勇敢(最遅) 

 メガリザードンコータス対策の天候変化要因。

イトケの実を持つことで砂下では水Zで飛ばず、雨下ではニョロトノの熱湯を耐える。相手にガラガラRがいたら選出したこともあった。

バンギラスランドロスもこの枠でいいかもしれないとおもいました。相手を大きく削れるようにAぶっぱ。

 

f:id:TURI-4:20170514114316p:plainリザードン 

努力値:H252 B140 C84 D12 S20   

持ち物:リザードン石Y

技:オーバーヒート、守る、熱風、めざパ(地)     

性格:控え目  

以前から参考にさせていただいているびっちさん(191番道路)のリザードンY

トリプルで昔使っていた個体。相手が雨パの時、滅びパの時などに選出した。オーバーヒートは相手のダメージ感覚を狂わすために採用しました。相手のレヒレはナットレイでみるのでソーラービームは外しました。めざパで拾った試合が1つあったことは収穫でした。

 

 f:id:TURI-4:20170514114417p:plainカプ・レヒレ 

努力値:HCベース 

持ち物:拘り眼鏡

技:熱湯、マジカルシャインムーンフォース、黒い霧 

性格:冷静(S0)  

レートに存在するヒードランのほとんどが控え目型だったので、トリックルーム下ではヒードランより速く動けた。H252ヒードランに熱湯は乱数30%確1。濁流は外すリスクが大きいため不採用。

瞑想クレセリアイーブイバトン対策に黒い霧を採用しました。 

 

f:id:TURI-4:20170514114342p:plainポリゴン2 

努力値:H244 C252 残りD 

持ち物:進化の輝石 

技:10万ボルト、冷凍ビーム、トリックルーム守る 

性格:控え目 

Lv50時のS実数値77 

 初手にコケコと並べて、ガルーラ、ランドロス対面時に両方まもるを選択し相手の出方をみることができた。本当はS80(最遅レヒレ-1)にして相手のヒードランの性格を測りたかった。

(トリル下でレヒレ、ナットレイヒードランに対面した時、ナットレイを引くかの判断材料にするため)

BOQに間に合いそうにないためS77にした。(特に問題はなかった)

エレキフィールド下10万ボルトでH252メガリザードンY確1。

 

 f:id:TURI-4:20170514114255p:plainカプ・コケコ 

努力値:CSベース残りD(大地の力の乱数関係のため)

持ち物:電気Z

技:雷、守る、ボルトチェンジ、(ほえる、マジシャ) 

性格:控え目 

 このPTの軸。

 ガルーラ、ランドロス対面時、威嚇とエレキフィールドの順序ランドロスの持ち物が分かり、横のポリゴン2を初手に同時守るをすることで、相手のランドロスがスカーフの場合爆発的なアドバンテージを得ることができた。

まもった後はガルーラ方向に電気Zを打つことが多かった。

ランドロスがスカーフ持ちで初手にとんぼ返りが選択されていた場合、相手のレートによってはガルーラを下げることが多いのでランドロス方向に電気Zを合法的に打つこともできた。雷Zはエレキフィールド下でH252、D4ヒードランを丁度確1。メガガルーラもH252に乱数.87.5 %確1。途中からマジカルシャインの必要性を感じなかったので、サンダーのまねごとをしてほえるを採用しました。滅びパの時にみかたにほえたり、ボルトチェンジを打ったりしました。滅びに対して100 %の勝率でした。

 

 f:id:TURI-4:20170514114306p:plainナットレイ 

努力値 H252 A252 D4  

持ち物:拘りハチマキ

技:ジャイロボール、パワーウイップ、はたきおとす、がむしゃら 

 ハチマキを巻いてジャイロボールしているだけで強い印象。がむしゃらは ヒードランに対してやることがないのが嫌だったため、がむしゃらを採用しました。後で地ならしを覚えることを教えていただいたので地ならしでもいいと思いました。

 

 4.結果

 

 

メインロム

f:id:TURI-4:20170517105317p:plain

サブロム

f:id:TURI-4:20170517105336p:plain

 

(最終結果)

 

 

 

 

 .

 相手がCHALK+Fのとき8割方初手はガルーラ、ランドロスの並びで後ろがヒードランクレセリアでした。あと、思っていた以上にねこだましを持っていないガルーラが多い印象を受けました。運が良い試合も多く、うわふれした結果だと思いますが素直にうれしいです。以下に簡易的な選出を示しました。

 

 対雨パの時

相手によってギガイアスを選出したりしなかったりしました。相手がトノ、ルンパの時はリザがメガ進化せずに守るとルンパッパの水Zでリザが飛びます。先方コケコ、リザ

 

 

f:id:TURI-4:20170514154521p:plain

 

対CHALK+@

相手が初手ランドロス、ガルーラの時、両方まもるから入る。

 

f:id:TURI-4:20170514155033p:plain

 

その他、適当な感じで選出

 

 5.まとめ 

 CHALK+@のPTに対して初見殺し的な要素を含んでいるが、ある程度戦える構築を作ることができたこと、PT作成時に自分が狙っていた、相手の選出を絞る構築作りができていたことは収穫でした。また、CHALK+FのPTを自分で使って見て、相手のどの構築にも対応できる完成度の高い構築だと改めて実感し、自分もいつか完成度の高いPTを作ってみたいと思いました。          

 

 

最後に、読んでくださってありがとうございました。

 

参考

191番道路 【ダブルトリプル】耐久振りメガリザードンY