日記(海糞)

僕が、前回の記事で書きたいと言っていたものの一つです。(題名は少し変わりました)

 

 

正真正銘糞記事なので食事前後は読まない方がいいかもしれません。責任はとれません。

 

中学3年生のときの話です。

昔の話なので多少記憶を補完するために脚色があったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登場人物

中学時代

俺:中学3年生。学校で検尿をしようとするも粗相してしまい、ピーホールにほとんど尿が入らなかった。仕方なく水道水で希釈して提出。

 

父親:僕(俺)の父親

 

高校時代

俺:高校2年生。学校で履いていた上履き(スリッパ)からカビを生やす。

 

友達:高校2年生。ツワモノ。

 

 

 

 

 

中学3年の秋口。

 

 

 

俺は父親と海釣りに行った。


部活を引退して以来、久しぶりの海釣りということもあって、前の晩は遠足前の園児ように緊張して寝つけなかった。

正直、俺は浮かれていた。

 

 

釣り場は、以前何度か行ったことのある切れ波止だった。

 

 

(海の上に防波堤が小島のように佇んでいる感じで、長方形の沖ノ鳥島のようなものをイメージしてもらった方がいいかもしれない)

f:id:TURI-4:20181019002541j:plain

 

俺と父親は、まだ辺りが暗いうちに家を発ち、切れ波止めへ行く渡し船がある港へ向かった。


港に着くと、外は風も強くなく、日は昇ってなく空は暗いが、日が昇れば雲一つない青空になりそうだった。



早速、俺と父親は渡し船に乗り切れ波止に向かった。



予定では、昼下がりに釣りを終えて迎えの船で港まで帰ることになっていた。



港を発ってから20分そこらで切れ波止に着いた。
着いて早々、父親と俺は釣竿の準備に取り掛かった。
(正直、釣り始める直前のこの時間が一番楽しい)

 

 


今回、俺と父親とで釣りたい魚の種類が違ったので、各々が別の釣り場所で釣りをすることにした(場所は同じ切れ波止)。



俺は、カサゴなどの海の底や岩礁帯に生息している根魚を釣りに来ていた。

f:id:TURI-4:20181019002949j:plain

↑こんなやつ(ゴツゴツしてる)


何度か来ていた釣り場ということもあり、朝の時間帯は前に25 cmくらいのカサゴが5匹くらい上がったテトラポットの周りで釣りをし、日が昇ってきたらポイントを変えて釣りをする計画を立てていた。



竿の準備ができると早速、俺はテトラポットの周りで釣りを始めた。

 

 


幸先よく釣りを始めて2時間程度で良型のカサゴが数匹釣れ、快調な滑り出しといったところだったがここで事件が起こった。

 

 

 

早朝に比べだいぶ日が差し気温が上がってきたころ。

 

 

俺「腹がいてぇ・・・

 

 

前日の睡眠不足による体調不良が原因か、あるいは魚が釣れた高揚感により昨晩から張りつめていた緊張の糸が緩んだためか、あろうことか俺の腹は緩みだしていた。

しかも急激に。

 

 

腹の雲行きが怪しくなる中
俺の中では「どうしてこんな肝心な時に腹が痛くなるんだ」というある種のやり場のない怒りが湧いていた。

(今思うと、理不尽とも言える腹痛に対して、怒ることで状況が好転するのではないかと期待していたのかもしれない)

 

 

30分後

 

 

 

俺は、ただ、餌のついていない釣り竿を握りテトラポットの穴を凝視していた。


にわかにふって湧いた腹痛はこの30分間ほぼ留まることなく、激しさを増していた。
俺は、あまりの腹の痛さに一定の態勢で留まることしか出来なくなっていた。

 

 

気を緩めれば”出でしまう”
決壊寸前といった所まで来ていた。

 

 

思えば、この30分間で俺の中の怒りは、齢15の人生で犯した過ちを悔やむ代わりに腹痛から救済してくれるよう神に祈る懺悔のような感情に変わっていた。

 

 

しかし不幸にも今いる切れ波止にトイレはない(絶望)。

 

 

俺の中で、30分前には片隅にもなかった選択肢(野糞)がにわかに現実味を帯び始めていた。


一瞬、父親に「腹が痛いから船を呼んで港までトイレをしに行かせてくれ!」と頼む選択肢が湧いてきたが、すぐに消えた。

 

 

択にすらなっていなかった。

 


二年半という月日はあまりに長すぎた。

部活漬けで釣りをしていなかった俺はあまりにも釣りに飢えていた。


俺は、ただ、釣りがしたかった。

 


ケツダンの時は近かった。

 

 

 


俺は辺りを見回した。
幸いなことに、根魚を釣りに来ている人は俺以外いなかったのかテトラポットの周辺に人の姿はなかった。


俺はそそくさとテトラポットの重なりの隙間に入った。

 

 

これで、外からは見えない。

 


ふと下を見下ろすと、テトラポットの合間から海面が顔を覗かせていた。

 

(もし、足を滑らせてこの深淵に飲み込まれたら俺はどうなるのだろうか)

 

そんなことを思いながら、和式便所で用をたすかのように、尻を深淵に向け腰を下ろした。


不思議と恐怖はなかった。

 

 

 

肛門「ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!! 」
波の音に混じった下痢便の不協和音がテトラポットにこだました。

 

 

 


5分ぐらい経っただろうか。

 


なぜか、人に見られたら不味いから用を足したら急いで立ち去ろうとは思わなかった。

 

 

腹痛が完全に収まり、再びテトラポットの合間から覗かせる深淵を見て、俺はふと、祖父の家のぼっとん便所を思い出した。

f:id:TURI-4:20181019004808p:plain

これ↑

 

 

 

もしかしたら、俺が野糞に抵抗がなかったのは、単に和式スタイルで用をたすことに抵抗がなかっただけかもしれないと思った。

 

テトラポットの隙間から出ようと上を見上げるとすでに青空の高い所まで日が昇っていた。

 

俺はことを終えた賢者の余韻に浸りながら、ふと、あることに気が付いた。

 

 

拭いていないのである。
尻を。

 

 

 

残念なことに、即座にテトラポットで用をたすことを決めたため、俺は尻を拭くものを持ってきていなかった。



俺の上着のポケットにはティシュは無く、、、
鋏で切った釣り糸が入ったビニール袋と折りたまれた新聞紙が1枚あった。

 

 

新聞紙のゴワゴワした手触りに一抹の不安を覚えながら、それを恐る恐る菊穴に近づけた。

 

 

紙やすりか何かかと思った。

 

 


腸液交じりの水っぽい下痢便特有の酸のなせる業(わざ)か、酸で弱った菊穴に新聞紙の刺激は強すぎた。

 


俺は、尻を窄ませながら菊穴から新聞紙を遠ざけた。
もしトイレットペーパーの要領で尻を拭いていたらと思うと玉がすくんだ。

 

俺は、紙の偉大さを知った。

 

 

新聞紙で拭き続けたら痔は避けられないので、やむを得ず、半ケツのままズボンを履きテトラポットを後にした。


俺は、糞のついた新聞紙をビニール袋に入れ、父親が釣りをしているところに置いてあるクーラーボックスの中にあるタオルを取りに行くことにした。

 

俺はことの顛末を父親に話し、クーラーボックスからタオルをとった。

 

タオルをもらうとき父親はいろいろと察したようで、
「クーラーボックスの一番上にあるビニール袋に海水で濡れてないタオルが入ってるから」
とだけ言った。
俺は再びテトラポットの隙間に舞い戻った。

 

 

タオルで尻を拭きながら、俺は父親の偉大さを感じた。

将来、父親のような気配りができる男になりたいと思った。

 

 

そして、タオルを新聞紙の入ったビニール袋に入れ、帰りに可燃ごみとして捨てた。

 

 

 

 

結局その後、迎えの船が来るまで、俺は釣りを続けたが運が尽きたからか、あたりはあっても魚が釣れることはなかった。


俺は今後、釣りに行くときは野糞をしても大丈夫なようにティシュを持っていこうという決意を胸に父親と西日が射す切波止めを後にした。

 

 

数年後

 

 


高校の国語の授業かなにかで、親に感謝したエピソードを考える機会があり、ふと俺は中学時代に海で糞をしたことを思い出した。

 


授業後、俺は野球部の友人にこう聞いた。

 

俺「お前、野糞したことある?」


友「あー?あるなぁ。そういえば、冬休みに野球部の合宿で外周してたら腹痛くなってトイレが近くに無かったから繁みの中でしたわ。ケツを拭くものがなかったから手に付けてた軍手で拭いたわ(王者の風格)」


俺「そっか(オタクスマイル)」

 

流れで、友達に海で野糞をした話をした。

友達が言うには、どうやら俺がやったやつは(うみぐそ)に分類されるらしい。


俺は、俺の知らないところで野糞がマイノリティを得ていたことを知った。

 

おしり。

 

 

暇つぶしメモ *ポケモン関係じゃないやつ

暇なときに書けそうな話。

ポケモン関係じゃない話

 

 

 

【落ちがない話】

 

ヒマナッツ育成論

f:id:TURI-4:20180911140702g:plain

僕と友達数人のひまわりの種から芽が出なかったのでひまわり畑でヘチマを育てた話。

 

ジグザグマごっこ

f:id:TURI-4:20180911143029g:plain

ものひろい(コイン)ゲーセンの旅。

 

ミスドマクドナルドサイクル

f:id:TURI-4:20180911145952g:plain

約一年間フードコートをはしごしながら受験勉強した話。

 

【汚い話】

タマ投げ

f:id:TURI-4:20180911150256g:plain

・喉から出る臭い球をねりけしに混ぜていたクラスメイトの話(バイオテロ)。

 

くさいかおり

f:id:TURI-4:20180911150753g:plain

・市民プール編

・学校のプール編

 

Muddy water

・防波堤(きれはどめ)で紙のありがたさを知った話。

 

文豪ストレイドッグス

「へんたいくそどかた」の画像検索結果

・嘘か本当か3年間、朝読書で官能小説を読んだ友達の話

 

【普通の話】

・昆虫採集

・釣り

・おすすめ小説(わりと書きたい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【雑記】夏休みの宿題

丁度、小学生の夏休みが終わったくらいな季節です。

 

平成最後の夏休みが終わりました。

平成生まれの僕の小学生の話を書いてみたいと思います。

 

 

登場人物:僕

ステータス:うんこをするのに理解がない小学校だったら腹痛のとき職員トイレでうんこをしていた。

 

夏休み直前の7月

 

夏休みの宿題や"あゆみ"(小学生特有のガバガバ通知表、意味は不明)が配布される中、

僕は、一人笑みを浮かべていました(進研ゼミの登場人物並み感)(キモ・オタクの片鱗)。

 

 

遡ること夏休みの一週間前(覚えてない、多分それくらい)

 

僕は例年、休みに中に宿題をする意味が分かりませんでした。(今も分かりません)

その年もそうでした。

あるとき僕は、夏休み前に夏休みの宿題を終わらせれば、夏休みに宿題をしなくて済むことに気が付きました。

 

当時、ホームアローンやトムソーヤの冒険などの映画やアニメを見たことに影響されてか、ズルして夏休み前に宿題を終わらせる方法を真剣に考えることにしました。

 

そして、僕は夏休みの宿題を夏休み前に終わらせるために動き出しました。

 

 

まず、僕の学校では、夏休みの宿題は毎年、以下の3つで構成されていました。

 

 

①夏休みの特有のクソデカプリントくん(30枚)

②自由研究(王道)

③読書感想文(王道)

 

①に関しては夏休み直前にしか配布されないので、夏休み前に終わらせることは不可能でした。しかたないので自力ですることにしました。

 

しかし、②,③に関しては別でした。

そこで、僕は自由研究と読書感想文を終わらせることにしました。

 

②の自由研究についてですが

 

毎年、夏休み期間中に僕の住んでいる地域で小学生を対象とした"アイデア貯金箱"を募集していました。

 

このアイデア貯金箱は毎年、自由研究として提出する小学生が一定数いるほど、ある意味、自由研究の定番的なものでした。

 

 

イデア貯金箱とは?

貯金箱の作成条件として、500円以内の材料で作成すること、貯金箱としての体をなしていること、創意工夫していることのなどが挙げられる。

何でもありな図工の授業の作品の劣化版。

 

のようなものでした。

 

僕は、貯金箱の作成条件から、小銭の入れ口が付いた物体であれば貯金箱としての体をなしていると考えました。

 

小銭の入れ口・・・穴。

つまり、500円以内の穴のついた容器であれば貯金箱足りえるのではないかと考えました。

 

f:id:TURI-4:20180911042125j:plain

 

 

答え:ティッシュの箱

れいせいに考えて、一週間、手塩にかけて陶磁器で作られた小銭の入れ口が付いた入れ物もティッシュの空箱も同じ穴の開いた入れ物であるなら、両方ともアイデア貯金箱ではないだろうか?

 

 

そう、ティッシュの空箱もアイデア貯金箱になり得るのである(迫真)。

 

 

 

イデア貯金箱製作時間:0分

材料費:不明(安い)

創意工夫したこと:発想、箱の側面(切り取り線が付いてるとこの穴)からも小銭を入れることができる点。

 

 

 

③の読書感想文についてですが、

 

僕は、読書感想文を書くにあたっては"少なくとも1回は読書感想文を書く必要がある"と考えました。

 

何が言いたいのか。

 

ポイントは読書感想文は"学年問わず毎年"出される宿題だということです。

 

もうお気づきの方も多いかもしれない。

 

小学校の担任の先生は持ち上がりなどの例を除いて毎年変わることが通常です。

つまり、読書感想文の添削をする先生は毎年変わっていることがわかります

 

例えば、小学4年生の時に読んだ「ハリーポッターと賢者の石」の読書感想文を小学5年生の私がまるまる"引用文献"として用い、安全に感想文を提出することができるのです。

f:id:TURI-4:20180911042613j:plain

 

因みに、この無限読書感想文使いまわし戦法は小学4年生の時に思いついていたが、当時は小学3年時の読書感想文を紛失しており、この戦法を使用することはできませんでした(この反省をふまえ小学4年生の読書感想文を保存しておきました)。

 

読書感想文を書きながら「進研ゼミでやったねやつだね、これ」とつぶやいていました(オタクスマイル)。

 

読書感想文作成時間:30分くらい(適当)

 

 

 

夏休みが始まり1週間もしないうちにクソデカプリントくんを終わらせることができました。

 

プリントさえ終わらせれば残りの宿題がないという明確なゴールが見えてため、マラソンのラストスパートのような状態で宿題を進めることができました。

 

そして、夏休み明け

 

 

期待と一抹の不安を抱きながら読書感想文と自由研究を提出しました。

 

 

 

結果

読書感想文:よくできました

自由研究:再提出

 

 

自由研究はも一度考え直す必要がありましたが、読書感想文は半永久的に「ハリーポッターと賢者の石」を使いまわせることを知り、絶頂しました。

 

 

しかし、翌年の担任が持ち上がりになったので、読書感想文を使いまわす機会はなくなりました。中学、高校ではそもそも読書感想文自体なかったのと、読書感想文の原本を紛失していたこともあり存在を忘れていました。

 

 

そういうわけで、みんなも進研ゼミを始めましょう。

僕はゼミで変われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがき

 

不思議と夏休みにどんなことをして遊んだかは今の僕からは鮮明に思い起こすことはできません。

ただ、今回の読書感想文や自由研究のようなくだらないことを鮮明に覚えているのは、子供なりに無い頭を絞って、滑らかな線になるように筋道を立てて考えながら進んだからなのかと、最近ふと思うことがあります。

 

遊んでいる最中に何も考えていなかったかと言えば、そうとは思えません。

ただ、今思えば、"キックベースをしようと集まったら、いつの間にかカードゲームをしていて、1時間後に野球をしに学校にいた"なんてことのように、ある種の微分不可能な、子供特有のその場の思い付きの連続で行動していたことが多かった気がします。

 

今の僕が筋道だって物事を考えるようになったかは、わかりませんが、少なくとも麻雀をしに友人の家に集まっても、1時間後、虫取りをしに山に行くことはありません。

もし、キックベースをしようとしていた僕の心から1時間後に野球をしに学校に行こうとする僕の心を結んだ線を時間で微分できるとしたら、小学5年生の僕だけなのかもしれません。

 

ようするに夏休みは始まる前が一番楽しかったです。

 

おしり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダブルS11・SPLオフ コケコマンダ

ダブルS11、SPLオフで使った並びを簡単にまとめました。

前半にダブル、後半にSPLオフで使ったものを示します。

f:id:TURI-4:20180904234835p:plain

 

PT作成経緯

 S10の終わりに友人のキャスでこの並びを使っていたのを見て、相性補完が良く自分に合ってそうだと思い、調整を変えて自分なりに考えてみたくなったためです。

このPTはメガ枠以外のどのポケモンにもZ石を持たせることができたので、Z枠に悩みましたが、PJCSでカ・エールさんがねこだましバークアウトガオガエンメガボーマンダが積みやすい状況を使っていたのを見て、マンダだけではなくコケコの瞑想で積んでみたくなったこと、以前レートで瞑想+電気Zコケコと対戦し感銘を受けたこともあり、Z枠は瞑想コケコにしました。

また、コケコのエレキフィールドとエレキシード瞑想クレセリアの相性も良く、同様にバークアウトねこだましガオガエンクレセリアが積める場面が増えると考え瞑想クレセリアを採用しました。

 

個体紹介

 

メガボーマンダ

f:id:TURI-4:20180905001224p:plain

D振りマンダ。

絶対に積める場面でしかりゅうのまいを選択しないようにしました。

ガオガエンが威嚇を回せるので積極的にメガシンカすることも多かったです。

 

カプ・コケコ

f:id:TURI-4:20180905001803p:plain

H,B:197メガグロスのじだんだ乱数12.5 %

S:最速ゲッコウガ抜き(最速120抜きか121抜きでいい気もします)

Zを打つタイミングが難しいが強かったです。

 

クレセリア

f:id:TURI-4:20180905002210p:plain

ボックスにいた個体。

試しにHCぶっぱで使ってあとで調整しようと考えていたら変えないままでした。

もう少しSに振っていいと思います(最低でもガルスタンのレヒレ抜きくらい)。

 

カミツルギ

f:id:TURI-4:20180905002624p:plain

Dにかたいツルギ。

クレセリアにこごえるかぜがあるため準速スカーフランドを考慮するとS144は欲しかったです。

サーナイトバンギラスがパーティ単位で重いのでその時は確実に選出しました。

 

ガオガエン

f:id:TURI-4:20180905002909p:plain

最遅

Sに振らなくて良いので耐久に大きく努力値を割けて良かったです。

後攻とんぼが強かったです。

 

トリトドン

f:id:TURI-4:20180905003105p:plain

あめパ、トリパ対策に入れたが微妙だった。

弱くないけどプレーヤーが下手だったので活かせなかった。

次は活かせる並びを組みたい。

 

選出

ガエン コケコ

コケコ クレセ

コケコ マンダ

基本

 

ガエン クレセ

裏トドン

普通にガエン方向にエナジーボール打たれて虚無。

 

感想

 レートだと可もなく不可もないです。積むパーティなので被弾回数が増え、追加効果を引くことも増えた気がしました。レート特有の勝率を伸ばすのには不向きな感じがしました。たた積むパーティが好きなので自分が作ったPTのなかでは一番好きなPTです。

(あと滅びに弱いですね)

 

 

次にSPLの構築を紹介します。

f:id:TURI-4:20180905003939p:plain

PT作成経緯

 WCSでカビゴンが強かったのでカビゴンを使いたくなりました。

クレセとカビゴン以外は同じ調整です。

 

個体紹介

クレセリア

↓なんか♂のクレセリアになってますね。たまげました。

f:id:TURI-4:20180905005204p:plain

 努力値変えるのが間に合わなかったので上記の個体の技だけ変えました。

積まないクレセリアなので半回復きのみののほうがよいと思われるかもしれませんが、ガエンやバシャキザン対面など四六時中、はたきおとされるのが不毛なので持ち物をエレキシードにしました。

エレキシードにしたことでてだすけが読まれなくコケコの電気Zと重ねやすい気がしました。気がついたらサイコショックがサイドチェンジに変っていました。この調整だと正直もっと耐久に割いたクレセリアを使った方がいいと思います。

 

カビゴン

f:id:TURI-4:20180905010053p:plain

ピンで選出しても強いですね。

とても強いですねこのポケモン

積む速度が速く、ヘイトをためやすいのでまもるは必須な気がしました。

ただ、はらだいこを打つタイミングが下手だったので練習します。

 

感想

 予選も抜けてトーナメントでの運も良かったですが、勝てなかったですね。

パーティは強いと思うので練習します。気になる点があるとすれば格闘弱点がパーティに3匹いることですね。気が向いたらこのパーティでレートに潜ってみたいと思います。

あと、WCSレートのルールが変わったので楽しみですね。

 

最後になりましたが、オフ楽しかったです。

レートで対戦した方たちと話せてポチべが沸きました。

主催の皆さんありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ダブル(メモ)

【面白そうな並び①】

コケコ  ガエン マンダ ツルギ@2

 

コケコ(瞑想)とマンダ(龍舞)で積む感じ。

ガオガエンでねこ+威嚇+バクアで上手く場を作る(JCSで見てて強いと思った)。

ツルギはチョッキかタスキがいいかも。

@2候補:相手の積みポケモンに強い、リザランドの並びに強い、雨に強いと良き、電気の一貫きれるとまぁ○。

最近のリザ+ランドはもはやパーティだけでxかyなのか特殊型か物理型かわからない。

 

`@2候補(使って見たい奴)

クレセリア トリトドン

良き点

クレセ+コケコの並びでのてだすけ+電気Zは素直に強い。

クレセのこごかぜで、後発のチョッキツルギやマンダで縛れる範囲が増えて強い。

トリトドンを入れたら雨に強い。電気の一貫を切れる。

悪き点

テテフグロスへのプレイングが分からない。

いつまで経ってもリザランド(裏バンギ)が重い。

 

クレセリア トリトドン

上記のと違いエレキシード瞑想クレセリア

良き点

ガオガエンのバークアウト+ねこだまし+いかく+マンダのいかくと組み合わせることで容易に積むことができる。

 

悪き点

場に出て相手の技を受ける回数が多いため急所や追加効果を引く場面が多い。

不意の急所や追加効果でゲームプランが崩壊すること可能性が高い(積みポケモンの宿命)

どくどくがきつい。

くろいきりクリアスモッグに弱い。

 

このPTを使うと想定した場合BO3向けなのかなぁという気もしました。

 

@2クレセリア カプ・レヒレ カミツルギoutテッカグヤin

良き点

追記します。

 

 

 

 

ダブル・WCSとか S10(メタグロス軸)

ダブル・WCSで使っていた並び。

簡単にまとめ。

 

f:id:TURI-4:20180623070742p:plain

主にS10で使っていた並びの最終系が上の形になりました。

 

PT作成経緯

 いかくガオガエンの解禁などもあり、S8~S9ごろからメガメタグロス軸のPTで潜っていました。相性補完などからサンダー、カプ・レヒレガオガエンモロバレルの4匹はすんなり決まりましたが、あと1匹が中々決まりませんでした。メガメタグロスメガバンギラスの2メガ構築なども考えられましたが、バンギラスの砂ダメージがメタグロス以外の4匹に入ってしまうためダメージ管理が難しいこと、個人的にこのPTのZ枠であるカプ・レヒレのHPを砂ダメージで減らすことに抵抗があったため、バンギラス以外のポケモンを採用しようと思いました。

この枠は晴れパに強くメガゲンガーに打点があるポケモンが欲しかったのでウツロイドサザンドラを使っていましたが、しっくりこなかかったため

ひかえめタスキウツロイド→ひかえめチョッキサザンドラ→おくびょうタスキウツロイドといったようにPTが迷走してしまい特に考えなしにレートに潜っていましたが、丁度6月の上旬に就活もひと段落着いたのでメタグロスを含めた5匹の努力値配分からもう一度しっかり考えることにしました。タイムリーなことにJCSのインターネット大会が終わりメガメタグロスカプ・レヒレを使った構築記事が多く出回っていたのでいろいろ参考にさせていただいていると、てるるんさんが対晴れパの枠としてメガラティアスを使っており、共感する考え方も多かったため最終的にメガラティアスを採用することにしました。

 

個体配分

メガメタグロス

f:id:TURI-4:20180623082354p:plain

Sラインは最速デンジュモク抜き。

H,DはC147エレキフィールドカプ・コケコの10まんボルトベースの電気Z耐え。

 

ゲームの中盤で受けだしをしたり、サイクルを回してたちまわりたい狙いがありました。そのため、努力値はHに振り切って全体的な耐久を上げ、Dを電気Z耐え、残りをAとBに回しました。

 

まもるを切ってバレットパンチを入れる選択肢もありましたが、今回は見送りました。

改善点があるとすればPT自体でバンギラスが重く、この配分のメガメタグロスアイアンヘッドで相手のメガバンギラスを一撃で仕留められないこと、いかくガオガエンの解禁によりメガメタグロスがいかくによってAを下げられる場面が多いことから、じだんだをアームハンマーに変更する選択もあると思いました。

ただ、全体的にこの配分、技構成でも使用感はよかったと思います。

 

メガラティアス

f:id:TURI-4:20180623085917p:plain

てるるんさんが6月のPJCSの予選使っていた技、配分を参考にさせていただきました。
ありがとうございます。

ふゆうのポケモンがはねやすねを打つと、何かの間違えで相手が地面タイプだと勘違いして地面技を打ってくる説がある(らしい?)ためじこさいせいではなくはねやすめを採用しました。


高い耐久と特性の浮遊などの影響も大きく、今まで使っていたウツロイドサザンドラと比べて、晴れパやゲンガージャラランガに対して安定して行動することができました。選出した試合では必ず活躍してくれました。メガメタグロスと同時に選出することがないためPTにエスパータイプが2匹いることに違和感はなかったです。

 

初めてこのポケモンを使って見たのですが、かなり特徴的で面白いポケモンだと思いました。S操作技や積み技など様々な技を覚えるためまだまだ考察してみたいポケモンだなぁと思いました。

今回はジャラランガを見るためにサイコキネシスを採用しましたが、個人的に配分を変え、まもるやサイコショックなどの技を試してみたいと思いました。

 

カプ・レヒレ

f:id:TURI-4:20180623085739p:plain

Sライン準速70族抜き。

Sラインはいろいろ考えてみましたが上げすぎるとこのポケモンの強みである耐久を損なってしまうんじゃないかなぁと思いもあり、個人的な一つの目安としてキリキザンを意識して準速70族抜きにしました。

 

めいそうを積まずに素でZ技を打つ機会も多くあると思い、耐久を損なわない程度にCに努力値を割いて、残りをHとBとDに回しました。

素で耐久、耐性、特性が優秀な分、改めてサイクル向けなポケモンだなぁと思いました。

特に技配分は言うことがなかったので個人的にはこの型で完結している気がしました。

 

ただ、最近はめいそうを切ってくろいきりを採用している型もあるようなので試してみたいと思いました。(モロバレルクリアスモッグを採用する必要がなく、代わりにカプ・ブルルを一撃で処理できるヘドロばくだんを採用できていいなぁ・・・)

 

サンダー

f:id:TURI-4:20180623092434p:plain

Sライン準速75族抜き(カプ・ブルルなど)。

H,DラインC156ルンパッパの雨下ハイドロポンプベースのミズZ93.7%耐え。

残りをBとC。

 

特性によってレヒレorテテフグロスミラーでの相手のサンダーのS関係を把握できる場面が多く使い心地がよかったです。また、Bを少し削ったことでうまい具合に相手のメガメタグロスのれいとうパンチを受けながらきのみを発動させる場面が目立ったのも印象的でした。当初はもちものはミストシードも考えましたがPT全体としてサイクルを回したかったので半分回復木の実に落ち着きました。

 

技構成は、はねやすめを切ってまもるを採用しました。まもるを入れた理由として1つの試合で2回くらいおいかぜを展開しやすくするためでした。

まず、サンダーがおいかぜを展開した後、おいかぜ最終ターンでサンダーがまもる、もう片方をガオガエンに引く動きをすることで、次のターンにおいかぜが切れてもサンダーが集中して攻撃されることを防ぎ、再度おいかぜを展開しやすくする狙いがありました。

 

配分、技構成ともに使用感はとてもよかったです。

 

ガオガエン

f:id:TURI-4:20180623094907p:plain

とくせいはいかくです。

Sラインはおいかぜ下で最速メガメタグロス抜きとミラーを考慮した調整にしました。

H,DはC147エレキフィールドカプ・コケコの10まんボルトベースの電気Z耐え。

残りの努力値をBに振りあまりをAに振りました。

 

HPはカプZを打つカプ・コケコが環境に少ないこと、相手視点から見ても半分回復木の実持ちのガオガエンが多いためガオガエン相手にカプZを打つのはリスクが大きいと思いことからHの実数値を4nにしませんでした。また、ラッキーが増加しており、ガオガエンがカプZを受ける割合よりも地球投げを受ける割合の方が高いと考え、気持ちガオガエンのHを201にすることで地球投げを4回耐えることができた方がよいとも思ったからです。

このPTではガオガエンを軸としてサイクルを回したいためガオガエンのAは最低限あればいいと思い性格の補正くらいのAの実数値で足りると考え、Aに努力値はほぼ振りませんでした。

 

使用感はとてもよかったです。

ただ最近、エレキシードクレセリアなどが増えてるようなのでガオガエンにほえるを採用してみても面白いと思いました(ほえるを採用するとガオガエンのSを削って耐久かAに努力値を回したいなぁ・・・)。

 

モロバレル

f:id:TURI-4:20180623101207p:plain

Sライン(Sの実数値が最遅30族+1)S2。

D11n。

対トリパ、雨パに主に選出しました。

Sの実数値を32にしたのは、S30族の同速勝負が不毛だと思ったからです。どうしてもトリル下で相手の先手を取りたいならくろいてっきゅうなどのアイテムを持たせても良いと思いました。

また、先ほどのガオガエンと同様にHを4nにせずに耐久に回しました。個人的にこのポケモンは耐久にがっつり回した方が強いと思ったためです。

とくせいのさいせいりょくにより改めてサイクルパーティに非常に適したポケモンだと思いました。

技構成としては相手の積みポケモンへの対策としてクリアスモッグを採用しました。

 

使用感はそこそこ良かったです。

 

 

選出

直感的に選出することが多かったです。

 

感想

サイクルパーティなので受けだす回数が増え、相手のポケモンからの技の追加効果や急所を被弾することが多かったですが、それをとりかえせるくらいの力があるパーティだと思いました。また、おいかぜを展開し上から制圧する動き、いかくととんぼがえりによるサイクル、まもるやねこだましを絡めてトリックルームのターンを消費する動き、ミストフィールドによる疑似神秘の守り、めいそうを積んでからのだくりゅうで全体を削る動き、いかりのこなやきのこのほうしによる味方のサポートや相手を妨害する動きなどから、ダブルバトルをしながらトリプルバトルをしているような気分になれて、とても楽しいPTだと思いました。今後も改良をしながら使っていきたいです。

 

おわり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレなこと

後半ちょっとレートについて思うことを書くので後半の方は見ない方が良いかもしれません。(前半後半わけてブログを書くべきだった)

前半は使いたいダブルでポケモンを書きます。

 

使いたい奴

①地面Zトリトドン

メガメタグロスとかガオガエンを一撃で倒せる。水Zレヒレ咎められる。耐久、耐性〇。

技 まもる だいちのちから れいとうビームorねっとう クリアスモッグ(積みにたいする対策を他でするならじこさいせい)

性格:れいせい

 

組み合わせるメガ枠候補:リザy(ボーマンダとかもいいかも)

 

リザy+地面Zトリトドン

リザyだとカミツルギとかモロバレルに強く、選出も縛れていいのかもしれない。個人的にバンギラスが入っていないレヒレグロスモロバレルだとリザy+トリトドンの組み合わせは苦手だと思います(こういう並びで積極的にモロバレルを選出できるとしたら持ち物がオッカの実なのなぁと思ったりします)。

 

最速Zテテフをリザyで見たいならリザyは臆病最速オーバーヒート持ちの方が良いきもします。

 

リザy+トリトドンが苦手そうなポケモン

サンダー+何か(おいかぜか電気Zわからない、テテフグロスのサンダーでも電気Z持たれてたらキツイ)

シード瞑想クレセリアクリアスモッグがないとキツイ)

バンギラス(メガ龍舞型、普通のメガ、後発で出てくるやつもキツイ)

草Zヒードラン(キツイ。ガルーラスタンだと特にキツイ)

コケコ+カミツルギ(リザy+トリトドンの並びで対峙しないようにしたい)

ジャラランガ(キツイかも。リザyにエアスラッシュでもいれると・・・?)

 

補完によさそうなポケモン

物理型霊獣ランドロス(バンギラスをみたいけど相手から威嚇を入れられると・・・)

ガオガエン(便利、トリトドンクリアスモッグとかがない時ほえるを入れてもよいかも)

ポリゴン2トリックルームで相手のおいかぜ展開を咎めたい、正直微妙)

ハチマキナットレイバンギラスをみたい、トリルと相性●)

コケコとか・・・。

 

そのうち追記したいです。

 

 

 

 

雑記

ここからウルトラサンのシーズン8くらいから最近までずっと思っていたことを書くので・・・アレです。

ブラウザバックした方がいいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的になんですけど、もうレートのWCSとダブルのルールっていらない気がするんですよね。

なんでかって言うと、今のWCS、ダブルのレートってシングルレートと違って、実際にレートに潜ってる人も少ないですし…多くの人がSDやってるみたいだし…純粋にレートだけをしている人ってかなり少なくなってると思うんですよね。

JSCの本選の構築記事とか見ても普通にSDのテキストとかSDで回した云々とか書かれてあって、「SDありきのダブル、WCSレート」みたいになってて、レート自体そもそも意味があるものじゃなくなくってるというか・・・SDとレートの役割が被ってる感があって「レート」の必要性自体がなくなってるというか・・・

ゲーム機を使ったダブルの対戦がしたいならフリーバトルとかフレンド対戦でこと足りるんじゃないかなぁって気がするんですよね。

 

ぶっちゃけ、僕としてはダブルのレートが無くなっても、月1くらいの頻度でダブルバトルのインターネット大会が開かれるくらいで丁度いいと思うんですよね。

 

まぁ、結局なにを言いたいかっていうと、2つとも過疎ってるダブルのレートがあるくらいなら、1つ潰してトリプルにして、そこで僕はレートでトリプルバトルがしたいという我儘を言いたいんですよね()。

 

僕個人としてはゲームの楽しみ方とか取り組み方は人それぞれなのでSDを使うことに特に批判的な考えはないですし、SDだけがレートの過疎の原因だとも思いません。SDがあろうと無かろうとWCS、ダブルレートは過疎ってたと思います(個人的に過去作の互換切りとかが原因かなぁとか・・・)。

ただ、SDを一度でも使ったことがあってレートが過疎過ぎて面白くないとか文句を言ってる人は、それをギャグで言ってるんじゃないなら説得力に欠ける気がします。

 

おわり。